生産性向上のために機械等の導入を進めたい | ユニバー社会保険労務士・行政書士事務所

経営革新計画について

経営革新計画のサービス案内

2017.7.22

生産性向上のために機械等の導入を進めたい

経営革新計画の認定取得後、設備の導入について「ものづくり補助金」を活用するが効果的です。

 

ものづくり補助金の申請の審査項目のポイントは、大きくは以下の二点です。

 ①技術面:革新的な開発となっているか

 ②事業化面:価格的・性能的に有益性や収益性を有するか

 

則ち、経営革新計画のポイントとよく似ています。

(相違する点は、設備の導入が課題解決になることを技術的な見地から分かりやすく書くことです。)

 

また、過去の「ものづくり補助金」においては、経営革新計画の認定取得は加点対象で、採択に有利とされていました。

 

ものづくり補助金は、補助金の上限は、案件によって分かれていますが、

1000万円または3000万円とかなり大きな金額であります。

 

尚、ものづくり補助金は、昨年は、11月に募集が始まり1月中旬が締め切りでした。

今年度の予定は分かりませんが、当事務所が経営革新計画の支援先につきましては、引き続き支援してまいります。

 

尚、当事務所の報酬額は、補助金の額×10%で成功報酬とさせていただいています。

(着手金はございません。)

 

meeting-1020228__180[1]

一覧へ戻る