法人設立支援 | ユニバー社会保険労務士・行政書士事務所

創業・事業承継支援について

創業・事業承継支援のサービス案内

2017.7.22

法人設立支援

株式会社の設立手続きを簡単に説明しますと

 

【株式会社の設立手続き】

1.定款を作る(次の会社概要を決める)

 ①商号 ②目的 ③所在地 ④資本金の額 ⑤株主と出資額 

   ⑥代表取締役・取締役・監査役 ⑦決算日 その他

2.印鑑を作る

3.公証人役場で定款の認証を受ける

4.出資金を振り込む

5.法務局に登記申請を行う→何もなければ、4日程度で登記完了

 

 

【費用(通常)】

1.公証人役場の定款認証        5万円

2.法務局の登録免許税       15万円

3.印鑑代(安いもので)      4千円

4.その他謄本の交付手数料     4千円(定款謄本、商業登記簿謄本)

5.事務手数料          約7万2千円

     計         約 28万円

 

【許可取得後】

税務署、県、市への開設届が必要です。

(必要であれば、書類は当事務所で作成・提出します)

 

<当事務所の考え>

会社設立後の許認可申請、金融機関への事業計画の作成、日本政策金融公庫等の融資申請書類の作成、その後受けられる補助金・助成金等の紹介・申請支援をお客様の要望に従い、行っていきます。

株式会社の設立は目的ではなく、株式会社を設立することで信用が増し、事業が成功することが目的と考えています。

 

3年後、5年後、ユニバー社会保険労務士・行政書士事務所にお願いしてよかったと言ってもらえるよう取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

business-card-1020440__180[1]

一覧へ戻る