企業成長コンサルティングとは

中小企業の成長支援を謳う士業、コンサル会社は幾つかありますが、業務の一部(を切り取ったたとえば税理士による経理・税務やコンサルティング会社の人材教育等)支援がほとんどかと思います。業界・職種・規模・歴史・経営者の年齢性格等で、企業の置かれた状況は千差万別である為、致し方ないと考える方が多いかと思います。

しかし、経営は人が営むものである以上、全ての会社に通じる原則があります。一言でいえば、「経営者と社員が、正しい目標に向かって、一丸となって突き進めば企業は成長する。」という考えは、ほとんどの方が納得されると思います。問題は、「どうそれば正しい目標に向かうことができるのか、どうすれば経営者と社員が一丸となれるのか。」

当事務所は、この部分を以下の3つのフェーズからお手伝いすることで、企業の成長を実現します。

当事務所の支援の3つのフェーズ

フェーズ1:経営者と社員の意識改革、組織変革

  • 経営者・社員の認知の変化と行動変容
  • 組織内の相互理解、信頼関係の向上、関係の質の向上、社員の自発性の向上
  • 「対話(ダイアローグ)」により実践します。

対話の深まり段階

経営者・社員が生成的な話し合いができれば、経営者・社員の意識は変わり、組織の相互理解、信頼関係の向上、関係の質の向上、社員の自発性の向上が進みます。

フェーズ2:ビジョン・目標・課題・行動計画

  • 会社のビジョン・目標を設け、また自社経営分析・経営環境分析を行った上で、課題を作成します
  • 作成された課題をもとに、会社・組織・個人の行動計画をまとめ、一冊の経営計画書を作成します。
  • 経営計画の作成にあたっては、U理論のプロセスをたどり、本質部分まで掘り下げ、築いていきます。

尚、経営計画の枠組みは、以下のとおりです。

経営計画の枠組み

フェーズ3:業務遂行・改善

経営計画に基づき、社員一人一人の目標を設定し、遂行・改善していきます。これについては、成長支援制度を用いて実践します。

成長支援制度のポイント
  1. 各人の成長要素:期待成果、重要業務、知識・技術、勤務態度を抽出し、各人の成長シートを作成します。
  2. 成長シート・支援会議:本人及び上司が成長度合いを、成長シートで評価するとともに、成長課題を経営幹部で検討します。
  3. フィードバック面談:成長支援会議で話し合われた内容をもとに、上司が本人の面談を行い、成長度合い・課題を確認し、行動目標を設定します。
  4. しなやかマインドセット:本人が制度をネガティブに感じることがないよう、しなやかマインドセットで好循環するよう取り組みます。