ご挨拶

当社は、「兵庫県内の中小企業をもっと元気に!」を事業ドメインに掲げて、補助金・助成金をはじめとする支援措置の活用に力を入れています。そこで、補助金・助成金制度の背景と現状の問題点を交えながら、当社の方針をご案内させていただきます。

補助金・助成金制度の背景

兵庫県の人口は、2010年を境に減少を続け、2040年には2010年の2割減、特に15~64歳の生産年齢人口は、3割減となることが予測されています。そして、兵庫県内の事業所をみると、平成24年から平成28年の僅か4年間で、事業所数は2.2%減少し、特に1~4人の事業所は4.2%減、5~9人の事業所は2.5%減とすごい勢いで減少しています。

県及び市町村は、管内の事業所の減少は、地域経済の衰退を招き、人口減少を加速化すると考え、補助金・助成金制度を設けて支えようとしています。そこで、近年、ものづくり補助金や経営力向上計画・先端設備等導入計画等の制度を設けて、成長意欲の高い事業所・地域になくてはならない事業所を支えることに力を入れています。

現状の制度の問題点

補助金・助成金をはじめとする支援措置に関して、県の担当者は、「成長意欲の高い小規模事業者の支援を行いたいが、なかなか情報が届かず、また情報が届いたとしても、書類作成の時間がなく、活用に至っていない現状に関しては、なんとかしていかなければならない。」と述べています。社内に総務部門がある50名以上の会社であれば、人的に余裕があり、情報入手も、書類作成も可能ですが、20人未満の会社にそれを求めるのは難しいと当社も考えております。

当社の方針

当社は、兵庫県内の中小企業に的を絞り、補助金・助成金をはじめとする支援措置の情報発信と申請・策定支援に力を入れてまいります。その為、顧客の情報を蓄積しながら、活用できる補助金・助成金の紹介及び申請支援を行っていきたいと考えています。

また、ユニバー社会保険労務士事務所、ユニバー行政書士事務所と連携し、人材採用や人材育成に関する厚労省の助成金の活用、労務相談・経営計画書の作成、許認可取得等様々な角度から効果ある支援を実施したいと考えています。また、これらの活動により、兵庫県内の中小企業がもっと元気になり、地域経済がもっと元気になることを、心から願っています。

株式会社ユニバー経営サポート
代表取締役 中道三喜男

経営理念

地域企業の成長と発展に貢献する。

中小企業の経営者は、日々厳しい経営の舵取りを求められている。それらの相談に応じ、解決策を見出し、行動に移し、支援先企業の成長と発展に貢献することが当事務所の使命であり、喜びである。

仕事を通じて見聞を広げ、人格を磨く。

地域企業の成長と発展に貢献するため、圧倒的な努力を重ねることで、見聞は広がり、人格が磨かれる。

会社概要

会社名 株式会社ユニバー経営サポート
代表取締役 中道 三喜男 (なかみち みきお)
所在地 〒653-0844
神戸市長田区西代通4-3-7 
Ⅱメルヘン2階
TEL 078-742-6110(携帯: 090-5139-7136)
[受付時間] 9:00~20:00 年中無休
FAX 078-742-6111
設立 平成31年3月1日
経営革新等認定支援機関 近財金1第108号 20190320近畿第3号
業務内容 ものづくり補助金申請支援、経営力向上計画・先端設備等導入計画策定支援、経営革新計画策定支援、各種補助金・助成金申請支援
キャッチコピー 事業ドメイン
兵庫県内の中小企業をもっと元気に!

沿革

平成27年9月 ユニバー行政書士事務所 開設
平成28年12月 兵庫県中小企業中央会のコーディネーター登録、兵庫県中小企業家同友会(兵庫支部) 入会
平成29年2月 経済産業省より経営革新等認定支援機関として認定
平成29年12月 社会保険労務士登録、事務所名を「ユニバー社会保険労務士・行政書士事務所」に変更
平成31年3月 経営革新等認定支援機関に係る業務を法人化し、「株式会社ユニバー経営サポート」を設立

実績

■ ものづくり補助金(採択実績:20件)
■ 経営力向上計画(認定実績:31件)
■ 先端設備等導入計画(認定実績:14件)
■ 経営革新計画(認定実績:6件)
■ 小規模事業者持続化補助金(認定実績:5件)
■ 神戸市中小製造業投資促進等助成金(採択実績:1件)
■ 兵庫県農商工連携ファンド(採択実績:1件)
※平成31年3月末現在

代表者紹介

略歴

出生 昭和36年、神戸市垂水区塩屋に生まれる
~学生時代 岡山白陵高等学校を経て、名古屋大学経済学部卒業
昭和61年
~平成14年
準大手建設会社に入社、現場事務から支店(広島)で経理、財務、法務、総務に携わる
平成15年
~平成26年
兵庫県下の一部上場建設会社に転職、法務、総務、財務に携わる
平成20年 同社が民事再生を申し立て、以降、法務室長・総務次長・企画部長・管理部長として
事業再生に取り組み、再生への道筋をつける
平成27年 ユニバー行政書士事務所 開設

プロフィール

資格 社会保険労務士、行政書士、一級建設業経理士、事業承継アドバイザー、土地家屋調査士、宅地建物取引士
愛読書 七つの習慣(スティーブン・R・コヴィー)
考えない練習(小池龍之介)
読書という荒野(見城徹)
趣味

ランニング

この2年間は、あまりできていませんが、一時期はマラソンだけではなく、ウルトラマラソン(しまなみ海道・村岡)、萩往還140km、富士登山競争に嵌っていました。できれば50代のうちに、再度ウルトラマラソンに挑戦したいと思っています。

読書

毎日30分は、仕事以外の書籍を読むことを心掛けています。見城徹の「読書という荒野」に「正確な言葉がなければ、深い思考はできない。深い思考がなければ、人生は動かない」という一節があります。読書により、正確な言葉を数多く蓄えていきたいと思っています。