兵庫県内(神戸・阪神南・阪神北・淡路・東播磨・中播磨・北播磨・西播磨・丹波・但馬)地域密着型の支援10年先を見据えた総合的なサポート「ものづくり補助金」「経営力向上計画」「先端設備等導入計画」のことなら

ものづくり補助金とは

ものづくり補助金とは、新たな「ものづくり」や「サービス」に挑戦する中小企業の設備投資を支援する制度です。 公募要項に従い申請書類を作成しますが、定められた要件を満たしながら、15頁程度を書き上げる必要があり、従業者数20人未満の総務部のない会社は、ちょっと厳しいのが実情かと思います。

“この機械を導入したら新たなものづくりができる”、“この機械を導入したら温めていたビジネスを展開できる”、といったアイデアやチャンスがあっても、ものづくり補助金の挑戦にも至らないケースはあるように思います。当社は、「兵庫県内の中小企業をもっと元気に!」を事業ドメインに掲げており、ものづくり補助金を活用して、上記目標を実現したいと想っています。

20人未満の中小企業にこだわる理由

兵庫県内には、214,169社の事業所がありますが、その内、従業者数20人未満の事業所が191,674社と、なんと全体の約90%を占めます。実は、20人未満の中小企業が地域経済を支えています。

一方、平成24年から平成28年までの僅か4年間で、10人未満の事業所は大きく減少しています。当社も、5人未満の中小企業ですが、ものづくり補助金のようなチャンスを活かして、互いの成長と地域経済の活性化を図りたいと思っています。

兵庫県の従業者規模別事務所数(全体の90%が従業員20%未満の事業所)

ものづくり補助金の挑戦に向けて

ものづくり補助金は、公募要領が出てから2か月程度で締め切られます。前にも説明したとおり、申請に際しては、公募要件を満たしながら15頁にわたる事業計画を作成しなければなりません。従って、公募が出てから取り組んでいては到底間に合いません。

しかし、公募要領は毎年変わっても、求められる基本事項(導入機械の仕様・価格、導入後の取組内容、売上利益計画等…)は、毎年同じです。これらについて、私達のような専門家を交えて、話し合い、準備しておくことがとても大切です。(早く準備した者が勝ちます。)

当社は、公募前のヒアリングを無料で行っています。ものづくり補助金の挑戦をお考えの方は、お気軽にご連絡ください。

料金

料金が分からないとなかなか相談もできませんので、掲載させていただきます。詳しい内容は、電話やメールで、ご相談ください。

申請書・事業計画作成支援 5万円
採択後支援 交付確定額の10%
採択後支援 交付確定額の10%

(採択後支援料金は、50万円を最低保証額とします。
※上記金額は、税抜き金額です。)

ものづくり補助金の「いろは」